timamuの部屋
ソフトウェアや映画やその他興味のあることを書いていきます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSP変換君FE 開発日記(8/24)
次のバージョン(V1.8)について・・・の、その2です。

まず、機能追加の内容の前に、PSPのメモリスティック内のどこに動画ファイルがあるか・・・について、少々しゃべらせてください。

PSPの動画は、"MP_ROOT"というフォルダ配下と"VIDEO"というフォルダ配下に格納されています。
詳しくはココをみてね。

元々は"MP_ROOT"というフォルダしかありませんでした。
ここのフォルダでは、動画ファイルをファイル名やフォルダ名に関して細かいルールに沿って格納しなければならず、PSP変換君FEのようなツールを使わないで自分でコピーするのはなかなか面倒なことでした。

そこで、SONYさんは、ファイル名に関する細かいルールがない、"VIDEO"フォルダというのを作って使えるようにしました。

なんかとてもいいことのように思えるのですが、話はそんなに単純じゃないんですよね。
"MP_ROOT"の方は、ファイル名は面倒ですが、ビデオのタイトルは、MP4ファイル内(PSP用の特別な形式)の情報で管理されているので、ファイル名に依存しません。
なので、同じタイトルの動画を複数登録できるというメリットがあります。


"VIDEO"の方は逆で、タイトル=ファイル名なんで、同じタイトルの動画は格納できない欠点がありますが、こちらのフォルダは、直下だけでく、任意のサブフォルダを作って管理することもできます。

まぁ、どっちもどっちなんですが、更に困ったことに、両方のフォルダは、再生できるMP4ファイルの形式の制限が異なっています。
これがもっと困りものですねぇ。
"MP_ROOT"はPSP形式のMP4ファイルじゃないとダメで、"VIDEO"の方は、PSP形式じゃない一般的なMP4ファイルも再生できる一方、プロファイル@レベルというMP4ファイルの規格?に関しては"MP_ROOT"よりも厳密になっています。。。。

で、本題ですが・・・・

今まで、320x240サイズのような低解像度の動画については、携帯動画変換君のオプション指定をそのまま使っているため、プロファイル@レベルがffmpegが勝手につけたものになっていました。
具体的には、Main@5.1とか4.0とかになっていて、"VIDEO"フォルダで再生できない動画でした。
一方、フルサイズ動画とかは、そもそも"VIDEO"フォルダでしか再生できないので、Main@3.0にするとか工夫していました。

で、今回のV1.8では、低解像度の動画についても、VIDEOフォルダでも再生できる形式(main@1.3)で作成するようにしました。
んでもって、PSPの転送先も、"MP_ROOT"を優先するか、"VIDEO"を優先するか指定可能にしました。
"VIDEO"を優先するとサブフォルダへの転送も可能です。

なんか初心者の方には難しい話だったかもしれませんが・・・

元々、"VIDEO"フォルダの方に力をいれるつもりは最初はなかったんですが、PSPの動画機能のアップデートも"VIDEO"フォルダにしか行われなかったりしてるんで、"MP_ROOT"がなくなってもいいぐらいの対応をしておかないと将来的にまずいかも・・・と思ったためです。

話が長くなったので、次回に続きます。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Memory Stick (Pro) Duoのフォルダ構成 その1←これがなきゃ始まらない。「PSP(PSP-2000LP)」(クリックするとAmazonのショッピングサイトに行きます)←音楽や動画を持ち歩くなら、余裕を持って4GBがオススメ。「SanDisk SDMSPD-4096-J60 メモリースティック PRODuo 4GB
2007/10/05(金) 02:38:18 | 世界は恋に満ちている。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。