FC2ブログ
timamuの部屋
ソフトウェアや映画やその他興味のあることを書いていきます。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bluetoothヘッドセット SBH50はMW600の正当なる後継機種か?
ド定番のMW600を長い間使っていたわけですが、弱い弱いと言われたクリップがぶっ飛んだまま、1年近く使っていたわけです。
買い換えるにもMW600後継機種と呼べるようなものは出なかったし、もう一台買おうにも、すでに製造中止っぽくて輸入版しか入手できそうにないし・・・
と思っていたところに、やっと後継機種!と呼べそうなのが出ました。

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット SBH50/W ホワイトSONY ワイヤレスステレオヘッドセット SBH50/W ホワイト
(2013/07/19)
ソニー

商品詳細を見る


今回「ホワイト」を買って1ヶ月程度使ってみました。
結論からすると、残念な部分は少しあるものの、十分後継機種!といえるもので、コストパフォーマンスもいいし「買い!」です。

事前にネットで調べてはいたけど、買ってからわかったことも多かったので、他の方があまり買いてない部分を中心に、少々レビューしてみます。
まずパッケージ。MW600よりはチープな感じですが、まぁ、こんなもんでしょう。
本体、イヤホン、USBケーブル、ACアダプタがついてます。
ACアダプタは小型だけど、プラグが折り畳めないし、850mAの出力しかないので、こんなんだったら付属しないでその分安くしてほしい。

正面からみた。MW600との大きさの比較。
長さは短くなっていますが、幅が大きい。
ただ、購入前に思ってたイメージに比べるとだいぶ小さい感じ。

次は厚さの比較。
だいぶ薄い。私のMW600はクリップが壊れて付いてないので、クリップのついたMW600に比べるとかなり薄い。

裏から見たらこんな感じ。私のMW600はクリップがついてない。ずっと不便でした。。。
SBH50のクリップはかなりしっかりしてて、MW600みたいに壊れそうにないです。
ただし、形状の問題か、クリップはあまり大きく開きません。挟むのに若干手間取ることがあります。
SBH50は"SONY"のロゴが若干邪魔。あのあたりにNFCがついてます。
今回白を選んだ理由は、なんか白黒リバーシブルみたいに使えそうだったからなんですが、これがかなり当たりでした。ワイシャツのときは白面を外向きにしたり、服装に合わせてオモテウラを切り替えてます。
また、薄型なんで、胸ポケットにつけたときの収まりはかなりいいかんじです。


私の場合、メインにつかっているプレイヤーはXperia AXで、NFCがついていることもありますが、Androidで使うのがベストなんだと思います。
Androidで使えば、カレンダー通知やメール通知が使えたり、時間が表示できたり、端末のリダイヤルとリンクできたりします。
このへんがMW600とは大きく違うところですね。

で、次は画面の見え方。
MW600の場合は・・・

1行しか表示領域がないので、曲名のみ。アーティスト名は出ません。
SBH50はというと、

2行表示なので、曲名とアーティスト名が出ます。電話の場合は、相手の名前と電話番号が一度に表示されます。
これがいいよね!と巷でも言われていますが、見ておわかりのように、SBH50の場合、MW600より横の文字数は全角2文字程度少なくなっています。
これが私としては微妙。
もっと微妙なのは、フォントで、MW600はゴシック系のフォントだったのが、SBH50では明朝系のフォントになってしまってます。
文字は太くて少々大きくなったこともあり、視認性はいいのですがフォントが・・・

あと、表面積が大きいからか、完全にフラットだからか、かなりテカリと指紋が目立ちます。
なんでこの製品の液晶保護シートが売っているのか疑問でしたが、なるほど、指紋が目立つので確かにほしくなりますね。

その他、使ってみてわかったこと・・・

<音質はどうなの?>
音質にも定評のあったMW600と比較しても、やっぱり音質はいいですよ。
ただ、音の傾向は少々違っていて、やや中低音よりというか、高音が減った感じがしました。
ただ、WALKMANアプリのClearAudio設定との相性がよい感じでした。
イヤホンとの相性もありますね。電気屋さんで片っ端から視聴してみましたが、同じSONYのXBA-H1がめちゃくちゃ相性ぴったりでした。う~ん。bluetoothでSBCコーデックにこんな高いイヤホンはなぁ・・・・とは思いましたが・・・
他のレビューでもよく書かれているように、ホワイトノイズはほぼないです。MW600も少なかったですが、それ以上です。これはすごいですね。
音量が相変わらず小さい。MW600よりも5~10%程度小さいと感じます。
まぁ、音に関しては素人ですし、ご参考まで。

<電波的にはどうなの?>
Amazonのレビューで「切れる」とか買いてあったんで気になりましたが、実使用上はMW600と変わりませんし、通常使用において困ることは全くありません。
MW600の場合、プレイヤーから5m以上離れてもまったく音が切れたりしません。SBH50の場合、5mぐらい離れるとプツプツと途切れるケースがあります。
まぁ、普通は問題ないと思うんですけどね。他のBluetoothヘッドセットに比べるとめちゃくちゃ電波的には優秀と思います。他のやつだと3mぐらいでブッツリ行くやつもありますし。

<その他、他で書かれていないポイント>

電池の持ちは、いいよ!って巷でも言われていて、スペック上でもMW600より長い(7時間→10時間)のはずですが、実時間的には両方共同じぐらいで7~8時間ぐらいです。
まぁ、SBH50の方は通知機能やら何ならいろいろあるからなのかなぁ。と思っていますが。
電池の持ち云々より、充電しながら使えるようになった!ことは地味にすごくうれしいです。
もうね、7時間とか8時間使えるとなると、毎日は充電しないわけで、充電し忘れが結構多い。
充電しながら使えるから、電池切れで困ることがなくなりました。

画面に曲名が出るタイミングが違います。。。
MW600は曲が変わるたびに画面がONになって曲名が出ますが、SBH50の場合は自分で画面をONにしない限り出ません。
いいような悪いような。画面側は外に向けていると他の人に見えるのがイヤ・・・なので、いいのですが、そういう違いがあります。ちなみに、カレンダー通知やメール通知の場合、アプリの設定で画面ON/OFFにするかどうか、音声通知するかどうかの設定があるんですよね。でも、曲の場合は設定できない。
このへんはファームバージョンアップで設定できるようにしてもいいんじゃないですかね。

他のレビューで散々書かれている、ボリューム操作がセンサ式じゃなくてよくなったよね!とか、マルチポイントは便利だけど、マルチペアリングが3つから2つに減ってるのが困るよねとか、FMラジオはプリセットできないのはなんとかならんのか・・・とかはほんと皆さんとおんなじ印象です。

いろいろ書きましたが、5000円台で買える価格もいい感じですし、現時点ではベスト・バイだと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。