FC2ブログ
timamuの部屋
ソフトウェアや映画やその他興味のあることを書いていきます。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bluetoothヘッドセットは進化している~MW600はなかなかよろしい~
買ってから2ヶ月ぐらいになるんですが、使い込んでみてのレビューということで。
BluetoothヘッドセットのMW600です。

SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き  ブラック MW600/BSONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き ブラック MW600/B
(2010/05/21)
ソニー

商品詳細を見る

最初に言っておくと、このBluetoothヘッドセットは初めて買う人よりは、2台目です!な人ほど感動がある商品だと思います。
いろんな方のレビューを見るにつけ、初めて買うBluetoothヘッドセットがこれだと、感動が薄いんだと思います。

かくいう私は、これが1台目なんであまりレビュー向けじゃないかもしれないですが、なかなかいいので紹介させてください。

Bluetoothヘッドセットとしては、最近は3千円台のものもよく見かけるので、価格的には高い部類。
量販店では1万ぐらい。Amazonなどオンラインでは7000~8000円ぐらい。
いわゆるヘッドホンが選べるタイプなのですが、液晶画面が付いているのも大きな特徴。
また、ソニーのBluetoothヘッドセットなので、マルチペアリングをサポートしていて、FMラジオも聞ける・・・
というあたりが売りなのですが、基本性能がきっちりしているのが本当の売りだと思います。
まず見た目
DSC_0006.jpg
私は付属のイヤホンじゃなくて、MDR-EX90SLというのを使っていますが、別に付属のイヤホンが悪いわけでは全く無く、使い慣れているから・・・が理由です。
後で書きますが、付属のイヤホンもなかなかです。

見た目でいいのは、デザインとサイズです。
一昔前・・・ソニー製のMDについていたワイヤードリモコンのようなデザインとサイズです。
他のBluetoothヘッドセットは意外にサイズがデカイのですが、これはかなりコンパクト。
コンパクトなのに、電池も結構持ちます。

私は通勤時間を中心に使うのですが、1日に1時間程度使う場合、1週間ぐらいは余裕で持っている感じです。

電源はmicroUSBで充電するタイプで、付属のACアダプタだけでなく、PCからとか、モバブーとかでも充電できるので、スマートフォンと一緒に使う人には便利なはず。

次は液晶
DSC_0007.jpg
液晶には、「曲名」が表示される!というのを期待されている方も多いと思うのですが、AVRCP1.3以上に対応している必要があるため、表示できる機器は多くありません。
日本のフィーチャーフォンなら表示できるのは多そうですが、現在売られているスマートフォンだと、ほとんど表示不可じゃないかなぁ。。。ちなみに私のはREGZA Phoneですが、表示できません。
別の機器だと、Windows7だとiTunesからでもWindows Media Playerからでも表示できます。

曲名は無理だけど電話がかかってきたときに人の名前は・・・これもほとんどの機種で無理でしょう。
でも、電話番号は出ます。

ということで、そのへんの機能を期待されている場合はあまり期待しないほうがいいでしょう。
でも、将来的にそういう機種がでたら対応できるわけだし、だからといって液晶が不要なわけではないです。

液晶が便利なのは、「機器の切り替え」と「FMラジオ」です。
マルチペアリングが可能でも、液晶がないと切り替えがわかりづらいと思います。
上の写真は機器切り替えの表示で、左から、FMラジオ、携帯(スマホ)、PCです。
画面を見て確実に切り替えられます。
FMラジオはちゃんと周波数が表示されます。まぁ、液晶がついているからこそのFMラジオ搭載です。
FMラジオ、災害時には本当に役に立ちますよ。ないよりあったほうが絶対いいです。

マルチペアリングについて、もう一つ。
今時では、携帯2台持ちの人も多いと思いますが、一度ペアリングしておけば、両方の携帯の着信が可能。
つまり、スマホに接続していて音楽を聞いている場合、ハンズフリーもスマホに接続されているのですが、
携帯側に着信があった場合にもうけとれるらしい。
私も2台持ちなのですが、フィーチャーフォンの方はBluetoothがついていないので確認はできず・・・

あと基本性能
ちまたでよく聞くBluetoothヘッドセットの悪口として、「音が悪い」「ホワイトノイズがひどい」「よく切れる」がありますが、比較でのレビューではないので参考程度にしてほしいのですが、ホワイトノイズが皆無です
あと、私の場合、接続中に接続が切れたことはありません
ただし、接続してしまえば・・・であって、最初の接続については失敗することがあります。(後述)

音質ですが、私からすると必要十分。
ワイヤレスでこの音質であれば十分満足です。
まぁ、ワイヤードでつなげた場合との差は大きいとも言えますので、音質に拘る方はそもそもBluetoothヘッドセットは使わない方がいいでしょう。
付属のイヤホンは価格帯としては3000円程度のクラスでしょうか。
ワイヤレス前提で考えるとこれも十分な品質で、特に別のを用意する理由はないです。
MW600につなぐかぎり、ドンシャリでもなく、素直な音質だと思います。

次にいいところだけでなく欠点を。
これもまた多くの人が指摘しているように、音量調整がタッチセンサーになっています。
これが操作しづらいです。微妙な操作ができないためです。
これをやめてその分安くしてほしい・・・と誰もが思うところ。次は間違いなく改善されるでしょう。
ただ、まぁ慣れの部分も多く、長所がその唯一の欠点を打ち消していますが。

最後に、接続する側の機器について注意点。

PCに接続する際、Bluetooth機器の画面でエラーが表示される問題。
ちゃんと説明書に書いてほしいものだが、これはMW600がもつ「ゲームモード」のドライバがないため。(注)
「ゲームモード」だと音声遅延を最小化してくれるので、役立ちそうなものなのだけど、PSP限定でWindows用
ドライバは公開されていない。
使えないProfileは外してしまおう・・・ということで、ここあたりを見て対応しましょう。

(注) 6/19追記
ゲームモードのドライバじゃないよとのコメントいただきました。
ゲームモードはちゃんと動作するらしい。
じゃなんのドライバなの?なんですが・・・

(注) 6/20 更に追記
コメントいただいた方からの続報。
ここにあるとおりで、独自のオートペアリングのため・・・とあります。
問題ないようですが、キモイ悪いので謎のプロファイル?は消してしまおう。

あと、Android端末での接続問題について。
これは、たぶんREGZA Phone限定問題の気がするんだけど、ハンズフリーとか音楽系プロファイルが有効になっているにも関わらず、更にプレイ、スキップなどの音楽操作はできるのに、「音」がでないことがある問題。
接続時の問題なんですよね。
確実な対応策としては、Android側でBluetooth設定画面で「切断」「接続」をして再接続することで確実に音は出るのだけど、少し面倒。

で、完全な対策ではないけれど、私の場合は以下の対策をしています。
ご参考まで。
① 「設定」「マルチメディア設定」「高音質設定」の「ノイズ低減」のチェックを外す
  → 関係ないかもしれないけど、機器固有の機能だし、なんか怪しいので。
② Android側のBluetooth-ON、MW600の電源ONのそれぞれで、1~2分の間を空ける。
  → 切る場合も同じ。
③ MW600の電池に気をつける。なるべく満充電に近い状態にしておく。
  → 一度接続すれば電池が少なくても切れないのだけど、電池が残り僅かになると、接続が遅いor失敗する
    ことが、PCとの接続でもたまにあります。


(5/25 追記)
上記のREGZA Phone T-01Cの問題ですが、先日のAndroid2.2へのアップデートで修正されている模様。
Android側の問題だったのか、ミュージックプレーヤー側の問題だったのか、詳細は不明ですが。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/19(日) 01:16:51 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/20(月) 23:47:53 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。