FC2ブログ
timamuの部屋
ソフトウェアや映画やその他興味のあることを書いていきます。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VAIO PでHD動画を見る
世の中、PCといえばMacBook Air一色。
確かにすごい魅力的でほしくなりますよねぇ。

一方の私は、VAIO Pを購入して半年ですが、それなりに満足しています。
なんといっても軽いしフットプリントが小さいので、モバイルが苦じゃないです。
MacBook Airも軽いし薄いし、すごくいいんだけど、機動性ではやっぱり上です。

そんなVAIO Pですが、最大の欠点はパフォーマンス。
(個人的には、クリック設定をはずせないタッチパッドが一番いただけないんだけど・・・)
しかしながら、VAIO Pでは、AtomZの動画再生支援のおかげで、HD動画が再生可能。

が、HD動画といっても、1080iのようなフルHDは無理っす。
720pのHD動画(いわゆる1280x720の動画)であればヌルヌル再生できます。

がしかし、ちゃんとヌルヌル再生できるのはWindows Media Playerだけだったりするので要注意。

ここで問題が。
VAIO Pの画面の解像度は、1600x768なんで、動画によっては上下の黒帯が入ります。
上下に黒帯が入るのは、元動画が16:9じゃないのに16:9でエンコードしているから。
それでなくても狭い画面なのにもったいない。

このような動画、洋画なんかに多いです。
この洋画の縦横比って何?
これはシネマスコープっていう、ハリウッド映画に多いタイプ。
いわゆる「シネスコ」ってやつです。
縦横比は2.35:1です。16:9よりちょっと横長。

待てよってことで、よくよく考えると、VAIO Pの縦横比にとても近い。
元の動画の上下をクロップ(切り取り)して変換してやれば、上下の黒帯なしに画面いっぱいに表示できるのでは?
ということで、やってみたところ、「すげ~いいっす!」
ちなみに、ffmpegのオプションは以下。
携帯電話変換君なり、私のPSP変換君FEなりを使ってみてください。
(ffmpegのバージョンはrev.17811)

-y -i "<%InputFile%>" -threads 6 -metadata title="<%Title%>" -timestamp "<%TimeStamp2%>" -vcodec libx264 -coder 1 -flags2 +dct8x8 -bufsize 2048kb -g 250 -qmin 10 -qmax 51 -me_method umh -me_range 16 -partitions parti4x4+parti8x8+partp8x8+partb8x8 -level 40 -croptop 80 -cropbottom 80 -s 1600x768 -r 23.98 -b 9000k -maxrate 15000k -acodec libfaac -ac 2 -ar 48000 -ab 128k "<%OutputFile%>.MP4"


ポイントとしては、ビットレートを9Mにしていること。
これは、例えばブルーな動画だと、2時間程度の映画で、10G以下ぐらいのサイズになります。
VAIO Pでひっかかりがなく再生できて、画質的にも問題ないちょうどいいビットレートと思ってます。
スレッド数を6にしているんですが、ご自分のCPUコアの数を考慮して修正して使ってください。
どうしても変換に時間がかかってしまうので、4コア8スレッド使えるようなCPUがないとつらいかも。

あと、たまに(というか頻繁に)上記のオプションだと、動画変換の最後にエラーが出ます。
が、動画はきちんとできていますので問題なし。
解像度が一般的じゃないので、partion関係とかでエラーが出るんだと思っていますが、どれが駄目なのかまだよくわかってません。(誰かわかる人、教えてね。)

AtomZでこれぐらいの動画再生ができるのに驚きです。
標準バッテリーで2時間半ぐらいは再生できるので、出張時の新幹線の中なんかだと最高です。

ということで、VAIO Pも忘れないでね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。