FC2ブログ
timamuの部屋
ソフトウェアや映画やその他興味のあることを書いていきます。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSP変換君FE活用講座(第11回) DVDな動画から字幕付のPSP動画を作る
随分久しぶりに書きますが・・・

DVDな動画からPSP用動画を作るには、やっぱり老舗はHandBrakeで、以前、このブログでも紹介しました。
ただ、私はあまり使っていなくて、Avisynth+DVD2AVI+VobSubで作って、PSP変換君FEに入力する・・・という方法をとっていました。

まぁ、DVD2AVI+VobSubっていうのが、もうかなり古いツールっていうのがあって、これまであまり紹介してもいなかったんですが、最近の著作権の報道とかもあって、紹介しようかなぁという気になりました。

あ・・・なお、これから紹介する方法は、著作権保護のかかっていないDVDを対象にしているもので、コピーガードをはずすとかそういうのではありませんのであしからず。

また、詳しいツールの使い方はググればいくらでも出てきますので、それについては他にゆずるとして、ここでは注意すべき点とか、肝心のAvisynthスクリプトの書き方を中心に紹介します。

なお、初心者向けには書いていませんので、ご了承を。あと、「字」ばっかりです。

長くなるのでいったん切ります・・・・
0.まずは概要・・・
DVDでは、映像と音声と字幕はそれぞれ別のトラックとして収録されています。
一方、PSPでは字幕トラックを読むことができないため、字幕は映像に焼き付けてやらないといけません。
(これを通称「ハードサブ」とか言います。ググって見てね。)
これを実現するために、まず、「映像」「音声」「字幕」を分離します。
それを、Avisynthというツールを使って再度結合します。
Avisynthを使うと何がよいかというと、入力する動画変換ソフトからは、AVI形式の動画ファイルに見えるので、AVI動画と同じように変換できるということです。
そのため、Avisynthに対応しているツールであれば、上記ができてしまえば動画変換できることになります。
もちろん、ffmpegも対応しているので、PSP変換君FEも対応します。

1.使うソフトとインストール
使うソフトについて、使用目的を書いておきます。
インストール方法やダウンロード先は自分でググってください。
①Avisynth
もちろん必須。注意としては、64bitのWindowsを使っているかたも、32bit版をインストールされることをお勧めします。
64bit版では各種プラグインが対応していなかったり、安定度が低かったりするためです。
②DGMPGDec(DGIndex)
DVDのVOBファイルから映像と音声を分離し、d2vというファイルを作ります。
VOBファイルは、MPEG2という形式で圧縮されているんだけど、これをAVI形式にするためのインデックスのような役割のファイルで、このファイルをAvisynth経由で読むことでAVI形式にしてしまいます。
前に私が使っていたDVD2AVIというツールの後継ツール。
ここでは、日本語化する前提で、"C:\app\DGMPGDec\"というフォルダにインストールする前提で書きます。
③VobSub
字幕抽出、およびAvisynth用プラグインです。
昔はVobSub ConfigureというVobSubに付属しているGUIを使って抽出していましたが、最近では古くなっているので、もっぱらAvisynth用プラグイン用途です。
④VSRip
VobSubの代わりに字幕を抽出するのに使います。
必須なのは以上です。
その他にあった方がいいのが、Avisynthを読み込める動画プレイヤーです。
Avisynthスクリプトの確認や、ちゃんと抽出できたのか、字幕がちゃんとつくか、音声がずれていないかなどの確認に使えるので、あった方がいいです。
例えば、Media Player Classicや、GOM Playerなどたくさんあります。
(残念ながら、VLC media playerは対応していないので注意です。)

2.[手順①] DGMPGDec(DGIndex)による映像と音声の分離
使い方はググってください。
注意事項としては、
①できるだけ、本編のみを抽出したVOBを作って指定すること
まるのまんまでもよいことはよいのですが、通常、画像の最初のメニュー画面や著作権表示の静止画がはさまれていて、これを残したままで抽出すると、間違いなく音声や字幕がずれます。
DGIndexの画面上でトリミングできるので、それでもよいですが、メインムービーだけを抽出するのがよいでしょう。
DVD DecrypterのIFOモードなんかでできるのですが、字幕抽出時はメインムービーだけでなく、DVD全体の方がよいです。(後述)
②オプション指定
「映像」→「iDCTアルゴリズム」は「IEEE1180準拠」にしてね。画質にかかわるので。
「音声」→「出力形式」は、「AC3トラックをWAVに」で、WAVE形式で取り出してね。
③音声トラック
英語音声を取り出すならば、たぶん「80」。
DGIndex上でプレビューすると、含まれている音声ファイルのトラックIDがいくつか表示されるので、その中から選びます。
取り出した後にWAVEファイルを再生してみて、目的の音声かどうか確認してみてください。
(この辺はDVD2AVIの方が使いやすかったですね・・・・)

3.[手順②] 字幕の取り出し
VSRipを使います。使い方はググってください。
注意事項としては、
①できるだけDVD全体の抽出ファイルを使います。また、IFOファイルは、一番サイズの大きなVOBと同名のIFOを指定します
昔のDVDはそれほど苦労はなかったのですが、最近のDVDは字幕が複数のVOBに変な順番で分散されてしまっていて、メインムービーだけを取り出した場合に、一部(簡単に言ってしまえば、一部のチャプター)の字幕が抽出できなかったりします。
VSRipはなかなか優秀なんで、そのような場合でも、DVDの元の構成があればなんとか取り出しますので、手順①と違って、ここではDVD全体ファイルで作業することをお勧めします。
②使いたい字幕だけ取り出す
普通だと、有効な字幕が全て選択されるので、そのまま出力すると英語字幕になりそうです。
日本語字幕にするなら、出力時に英語をはずします。Ctrlキーを押しながら英語字幕を選択するとはずれます。

4.[手順③] Avisynthスクリプトを書く&プレイヤーで再生してみる
サンプルのAvisynthスクリプト("xxxx.avs"という拡張子がavsのファイル)を示します。
前提として、"C:\app\DGMPGDec\"というフォルダにDGMPGDec(DGIndex)がインストールされており、手順①で作成した*.d2v, *.wav, 手順②で作成した*.idx, *.subが同じフォルダにあり、avsファイルも同じフォルダに作る前提です。
また、それらのファイルは、拡張子以外、"xxxx"にリネームしている前提。(ややこしい・・・)

LoadPlugin("C:\app\DGMPGDec\DGDecode.dll")
AudioDub(MPEG2Source("xxxx.d2v"),WavSource("xxxx.wav"))
VobSub("xxxx.sub")
return last


1行目は、DGMPGDec(DGIndex)で作ったd2vファイルを読み込むためのプラグインの置き場の指定。
2行目は、映像(*.d2v)と、音声(*.wav)をくっつけますよ!という記述。
3行目は、映像に字幕(*.sub)を焼き付けますよ!という記述。
この作ったxxxx.avsファイルを、動画プレイヤー(Media Player Classicなど)にドラッグ&ドロップして再生してみましょう。
思ったように字幕や音声が出て入れば問題なしです。

5.PSP変換君FEで変換
xxxx.avsファイルをPSP変換君FEにドラッグ&ドロップして、変換オプションを指定すれば変換できます。
注意として、DVDから作ると、どうしても音声が小さくなってしまうため、音声を"x4"ぐらいにする変換オプションにすることをお勧めします。
あと、Avisynth分の処理時間もあるので、他の動画変換と比べて、1.5倍くらいは時間がかかるので、その辺はあきらめてください。

文字だらけでわけわからないかもね。
上記を参考にいろいろググってみてください。

次回は、意味があるのかないのかよくわからないですが、ブルーなレイちゃんからPSP動画を字幕付で作る方法について紹介します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。