FC2ブログ
timamuの部屋
ソフトウェアや映画やその他興味のあることを書いていきます。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CaptureNX2に物申す
今日はNikon謹製のRAW現像ソフトのお話。

私はデジタル一眼でとるときは必ずRAWで撮ります。
JPGは使いません。

これは細かい設定に気をとられないで撮影したいから。
あとで現像時になんとかなるものは後でやりゃいいじゃんって考えています。

そういう意味で、ホワイトバランスは基本オートだし、ピクチャーコントロールはスタンダード、
アクティブDライティングは弱め(これは設定しておかないと変更できないから)で、気をつけているのは、
露出、ピント、絞り、シャッタースピード・・・ぐらい。

なので、撮影後は必ず上記のパラメータはRAW現像で調整します。
あと、ノイズリダクションとかシャープネスの調整もやりますね。。。

これらのパラメータの多くはNikon独自というか、Nikonのソフトじゃないと調整できないため、現像ソフトはCaptureNX2を使ってます。

前置きが長くなりましたが、このCaptureNX2がバグバグなんですね。。。
結構な金額のソフトなのに、これじゃいかんと思うのですよ。本当になんとかしてほしいのです。

具体的には、編集後、「保存」をすると、ダイアログが出たままうんともすんとも言わず、固まってしまうこと。
せっかく編集したのが無になってしまいます。本当に頭にきます。

私の場合、5枚に1,2枚の確立で発生します。これじゃ本当に使えません。

Webで探してみると、結構同じ症状の人がいます。
Core i7がいけない・・・とか、64bitだからだ・・・とか、
仮想メモリの設定・・・だとか、ソフト再インストールで直る・・・・とか、
いろいろ書かれていますが、発生する原因らしきものが見えてきたのでここで書いておきます。

どうも、発生するのは、テキパキと複数のパラメータをいじったときのようです。
一つ一つの設定をかなりの時間をかけてゆっくり変更した場合は発生しにくいです。
まぁ、そんなことしてたら折角早いマシンを買った意味がないわけです。

で、CPUメータを表示した状態で問題を「発生」させたところ、ある特徴がわかりました。
問題が発生する場合、何も操作しない場合でもアイドルまで下がりません。
下がって上がってを繰り返します。

CPU負荷がそのような動きになる場合は「必ず」発生します。

んでもって、ちょっと対策を考えたのですが、そのような状況に陥った場合、以下の対策をとればいいことがわかりました。

①まず、「保存」しない
②保存する前に、「調整のコピー」をする。もちろん全設定をコピーする
③次に「保存しないで終了」する
④その後、対象のRAWファイルを選択後、「調整の貼り付け」をする


この手順だとまったく問題なくできます。
ちょっと面倒ですが、常時CPUメーターを出しておいて、そういう状況になったら上で書いた対策をしています。

なんか原因を想像するに、編集中は常に表示中の画像に、操作したパラメータの結果をリアルタイムに反映するわけですが、この画像更新がなんらかの原因で無限ループしているんじゃないかと思うのです。
RAW現像処理そのものに原因があるのではなく、画面更新に問題がありそうです。

もしかしたら、ビデオカードの相性もあるのかもしれませんが。(私はGeFourceです)

どうもNikonさんは問題を認めたがらないようです。
(実際は認めているものの、外注している外国のソフト屋さんが直してくれないのかもしませんが・・・)
が、お金取ってるんだから。
なんとかしてくださいよ。
せっかくいいカメラ作ってるんだから、ニコンファンをがっかりさせないでくださいよ。

本当に頼みます・・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。